リンク

  • 京加茂ホームページ

« 活性炭素ろ過 | メイン | おやじのぼやき »

2010/02/19

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

ほんた

本醸造とは本物の醸造アルコール入り清酒のことです・・

かんたろう

ほんたさん、こんにちわ。

コメントありがとうございました。なるほど!そういう解釈もあるんですね。

純米酒を飲み続けているうちに、アル添酒が飲めなくなりました。

ところで、偽物の醸造アルコールってあるんですか?

ほんた

消毒用アルコールや合成アルコールを醸造アルコールと称するのが偽の醸造アルコールかな? 
新型インフル用の消毒液を嗅ぐとなにやら本醸造の酒のような。お試しを。

かんたろう

消毒用のアルコールも、確かに醸造用アルコールと同じエチルアルコールなのですが、飲めるんですか!

ほんた

昭和20年代は医者が消毒用アルコールを水で薄めて飲んでいた。その後も学校の理科室でよく「なんでエチルアルコールの使用が多いのか・・」と教師が言っていたこともある。誰かが飲んでいたようだ。だから飲めます。最近はいやな味をつけてるようだけと。

ある県の保健所の検査官が蔵元にチェックに行ってコーンスターチの袋が山積みしてあるのを嘆いていた。こんなんで酒のXX県と言えるか~だと。 こういう偽酒づくりもあるらしい。

かんたろう

えっ~~~!!それはまさに偽装ですね!!未だにそんなお酒があるなんて、信じられません!!お米の美味しいところに、美味しいお酒が少ないのはなぜなのかなぁ~~と、思っているのは私だけでしょうか?
コーンスターチって、とうもろこしから作ったデンプンですよね。

ほんた

コーンスターチ(でんぷん)はアサヒスーパードライの副原料でもあるっちゅうことはつこうてもええんやろ。
それに、米をぎょうさん削ってでんぷんだけにしたのがええ酒の条件やいうのやからコーンスターチつこうて何悪い? いうことやろとおもいますわ。 淡麗辛口いうのは要注意です。

かんたろう

ほんた師匠さん、こんにちわ。

確かに淡麗辛口の単にうすっ辛いお酒は、私も好きではないし、飲みたいと思いません。軽快旨口のほうが私は好きです。

ほんた師匠さんはどのようなお酒を飲まれているのですか?

ほんた

私は最近は濃醇うまくち・・・ビールみたいに黄色のねっとり系にはまっています。例えば京都の「厨酒」。料理酒らしいけど飲んでもいいと書いてあります。東京では澤ノ井の「元禄」。要するに精米80%ぐらいのもの。昔はこういうのを飲んでいたのやろと思うと妙に優雅な気分です。

カプロンの利いたフルーティな純米吟醸は最近飲み飽きました。2合目からは何も感じないので高いカネ出してアホみたいですわ。

かんたろう

濃醇うまくちですかぁ~~。

うちの店にも「竹鶴 生酛」2004年天然酵母というお酒があります。黄色のねっとりとした感じ・・・先週開栓しましたが、まだ冷蔵庫にたっぷりと隠してあります。

この記事へのコメントは終了しました。

最近の写真

  • 邱永漢さん
  • 邱永漢さん
  • おじぎ福
  • 秋鹿の会2012-04
  • 日本酒の会
  • 皆さんから沢山のチョコレートをいただき、ありがとうございました、
  • 皆さんから沢山のチョコレートをいただき、ありがとうございました、
  • 皆さんから沢山のチョコレートをいただき、ありがとうございました、
  • 皆さんから沢山のチョコレートをいただき、ありがとうございました、
  • 皆さんから沢山のチョコレートをいただき、ありがとうございました、
  • バレンタインにもらったチョコ 005_1
  • バレンタインにもらったチョコ 004_1